遺産相続の無料相談をする前に学ぶべきこと

 

誰でも自分の死後、残された家族が困らないように「財産を少しでも多く残してあげたい」と思うでしょう。
ところが実際には、多くの財産を残したがゆえに、遺族が多額の相続税を抱えてしまったり、遺産をめぐる争いになってしまったりします。
また、遺言書の書き方が曖昧で、トラブルを未然に防ぐためにかいた遺言書が、逆にトラブルの火種になってしまったりする事も決して珍しい話ではありません。

 

このようなトラブルを未然に防ぐため、きちんと相続対策は行っておく事が望ましいでしょう。
揉めない相続とするにはトラブルにならない相続財産の残し方をしておき、さらに遺言書でしっかりと相続財産の指定を行っておくべきです。
相続争いは被相続人(故人)が遺言書を遺さずに亡くなってしまった場合に多く見られ、またその多くは財産を分割しにくい場合に起きています。
例えば、相続財産が土地ひとつだけであったり、家がひとつだけといったような場合です。

 

その場合はその土地を誰に相続させるか、または共有財産とするのか、売却して現金化し、財産分与を行うなどを、あらかじめ遺言書によって指定しておく事が望ましいです。
また、この場合しっかりと○○は誰に、××は誰にといったように解釈の余地を与えない遺言を行うことが大事です。

 

しかし、現実な相続の場面では、そのように上手く財産を分けられるようなケースは多くはありません。
家を売却するにも、誰かが居住に使用している場合などですぐに売却するわけにもいかない場合や、共有にする事になったが実際は全員が使用するわけではない場合などはその使用しない人が損をしてしまう事になってしまいます。

 

被相続人となる人はこのような事態に備えての対策をしっかりと考えておく必要があるのです。
気になる事やわからない事があれば、遺産相続の相談を行っているサイトや事務所に相談をしてみて解決しましょう。
遺産相談に関するQ&Aはこちらがおすすめです。
専門家が様々なケースに基づいた問題に回答しており、とても役立つ情報が満載です。