生前贈与には教育資金として毎年決まった額を子供や孫に渡す方法があります。

生前贈与を検討しよう

 

生前贈与というと、なんだか話が大きくなって税金面などでも不安がありませんか?

 

指差す女性

しかし、遺言書に遺志を残しても、必ずしもあなたの思い通りになるとは限りません。そこには「法律」という犯してはならないルールがあるからです。

 

また、遺言書を書いても見つけてもらえなかったり、遺族全員が示し合わせてあなたの遺志を変更してしまうことが予想される場合、どのようにしたらいいのでしょう。

 

 

生前贈与という選択肢

あなたの財産をあなたがどうしようと、それは自由ですし、法律もそのことを認めています。寿命は尽きても、土地や財産は残ります。

 

その土地や財産を巡って、あなたの家族が争うことがあっては本末転倒ですよね。
そこで資産の分配をスムーズに行うための方法が2つ。

 

  • 遺言書による分配
  • 生きている内に分け与える生前贈与

 

昔は、生前贈与というと税率が高く設定されていたため、なかなか思うようにならない時代が続いていました。その記憶が刷り込まれているせいか、生前贈与に対して慎重になる人が今もまだ多いようです。

 

しかし近年では、法改正により生前贈与に対する税金が年々低くなっていく傾向がみられます。

 

遺言書だけでは不安であったり、特別な思いのある場合なども、生前贈与という選択肢がこれから広く根付いていくものでしょう

 

 

生前贈与した例

 

夫に隠し子がいるのが発覚し、家族で協議した上で夫の財産を妻と嫡子に振り分けた。

この方法を取られると、隠し子に相続権があっても、相続する財産が無くなる可能性が高くなります。

 

 

税金対策として妻と子供に財産を生前贈与した

一定の条件のもと1人につき2,500万円までなら贈与税がかからないので、節税対策になります。

 

 

子供には渡したくないが、孫に残してあげたくて、生きている内に財産を孫名義にした。

孫が成人だったので、あげる側も貰う側も合意の上スムーズに贈与できました。

 

 

 

その他、教育資金として毎年決まった額を子供や孫に渡しているなどの形も多くあります。

 

 

 

 

相続税対策としての生前贈与

財産を残す場合、残される方は法律で定められている相続税を収めなければなりません

 

例えば、土地や建物を相続したとしても、その税金が払えない場合は売却しなければならない可能性も出てきます。

 

先祖代々受け継いできた土地が、まるでケーキのように分割されてバラバラに売られてしまうなんて最悪の事態も予想されます。

 

これを防ぐ対策として生前贈与を計画的に行うことが、あなたや家族の資産を守る方法でもあるのです。

 

  • 1人に対して年間110万円までは、贈与税は非課税となっています。
  • 相続時精算課税制度を適応すれば、一定条件のもと1人2,500万円までは1回のみ非課税となります。

 

これらを上手に使えば、相続時に発生する税金を節税することが可能なので、生前贈与を検討してみてはいかがでしょうか。