遺言書の方式によるメリット・デメリット

対策2~遺言の各方式の特徴~

 

自筆証書遺言

遺言者が全文、日付、氏名を自筆し、押印するものです。

 

メリット
  • 用紙や筆記用具の指定がないため誰でも簡単に作成できる
  • 遺言書の存在自体を秘密にする事ができる
  • 一人で作成可能なため、いつでも自由に、かつ安価で作成できる

 

デメリット
  • 遺言書の要件を満たしていないと、遺言書全体が無効となってしまう可能性がある
  • 偽造、改ざん、紛失の恐れがあり、また、遺言書の存在自体が公にならない可能性がある
  • 家庭裁判所の検認手続きを受けなければならない

 

 

 

公正証書遺言

証人2人以上の立会いのもとで、遺言者が遺言の内容を公証人に口授(くじゅ)し、公証人が遺言者の口述を筆記し、これを遺言者および証人に読み聞かせ、筆記の正確なことを承認したのち、各自これに署名押印する方法です。

 

メリット
  • 公証人が作成するため、無効となる恐れがなく内容も明確
  • 字が書けない人でも作成する事ができる
  • 原本が公証役場にて保管されるため、偽造や改ざんの恐れがなく、遺言書自体が発見されないということがない
  • 検認手続きが不要

 

デメリット
  • 公証人と証人に対して報酬を支払う必要があるため、費用が掛かってしまう
  • 遺言書の内容を公証人と証人に知られてしまう

 

 

このように遺言書の作成方法は様々で、それぞれ長所と短所があります。
遺言書の効果はどの方法でも同じですので、自身の状況に応じて決めていただくとよいでしょう。