検認を受けないで遺言を執行したり、勝手に封印のある遺言書を開封することは5万円以下の過料に処せられますので注意が必要です。

遺言書の検認とは。

 

公正証書遺言以外の遺言書の 自筆証書遺言書および、秘密証書遺言書について必要な手続きです。

 

遺言を保管していたり、発見した人は、遅延なく家庭裁判所に提出し、その検認をうけなければいけません。

 

 

遺言書の検認は、遺言書の日付、署名、文章の内容などを確認し、遺言書の偽装、変造を防止するための手続きです。

 

遺言書の検認は、遺言書の存在を相続人他の利害関係のある人に知らせる目的で行われます。

 

 

封印のある遺言書は、検認手続きまでは絶対に封を外さずに、検認の日に遺言書を持っていき、家庭裁判所で相続人またはその代理人の立ち会いの上開封しなければいけません。

 

封印とは、封に押印がされてあるものです。

 

 

検認を受けないで遺言を執行したり、勝手に封印のある遺言書を開封することは、5万円以下の過料に処せられますので注意が必要です。

 

故意に遺言書を隠している場合は、相続権を失うことになります。

 

 

 

検認の手続き

 

①検認を申し立て
遺言者の最後の住所の家庭裁判所に相続人全員の戸籍謄本、遺言者の戸籍
遺言のコピーを付けて申し立てます。

 

②検認日時の案内
家庭裁判所は遺言書検認の日時を相続人全員に案内します。
必ず立ち会わなくてはならないというものではありません。

 

③検認の実施
相続人の立ち会いのもと家庭裁判所に於いて検認が行われます。検認調書に記載されます。

 

④検認証明および遺言書の返還
遺言書は検認後、遺言書原本に、裁判官が検認済証明書を契印して申立人に返還されます。

 

⑤検認済みの通知
検認に立ち会わなかった相続人、受遺者等に遺言書検認の通知がされます。

 

自筆証書遺言、秘密証書遺言は、この手続きが済んではじめて、遺言に基づいての不動産の名義変更、登記手続きなどを行うことが出来ます。

 

検認件数は年々増える傾向にあります。

 

公正証書遺言を作成していた時は、相続人は戸籍を見せ、相続人であることの証明をすれば、公証人役場に行けばコピーをもらうことが出来ます。

 

何処の公証人役場で遺言を作ったのかわからない場合は、最寄りの公証人役場に、戸籍を見せれば、確認をしてもらえます。